恋は雨上がりのように 第9話 愁雨(しゅうう)

スポンサーリンク
あらすじ
はるかを夏祭りに誘ったあきら。
以前の様に笑いあったのも束の間、押さえていた気持ちがぶつかり合い、二人は喧嘩別れをしてしまう。
一方、近藤はちひろと十年ぶりに再会し、酒を交わしながら小説漬けだった大学時代の話に花を咲かせる。
友と向き合い始めた近藤。友に背中を向けてしまったあきら。 それぞれの痛みを抱えた二人はガーデンで顔を合わせるーー
1.海外の反応

赤面しているシーンは,私まで赤くなっちゃった.
今回のエピソードは,恋愛よりも友情にスポットが当たっていたけど私はよかったと思う.
近藤の人生ものぞき見することもできたしね.すべてがよかったよ.

2.海外の反応

居酒屋で大勢の若者が騒いでいるなか,近藤とちひろが大学時代の思い出をふけっている場面を並べている方法が好きだな.
それが,タチバナの若い問題にも良いバランスをあたえているよ.
「俺たちは大人じゃねーよ.同級生だろ.」とてもほろ苦く感じたよ.

3.海外の反応

↑ちひろのそのセリフには鳥肌が立ったよ.

海外の反応

赤面の戦い

5.海外の反応

社会があなたに反対している.そして,あなたの親友でさえ.
「超おじさんじゃん!」

.海外の反応

↑その発言は,近藤を見て口走ってしまっただけだから責められないよ.
でも,この発言は,タチバナを傷つけただろうね.

7.海外の反応

ロマンスがエピソードが進むにつれ徐々に消えていくのがいいね.
そして,若さと成熟を探し始めた.
このような,面白い方法が本当に本当に好き.

8.海外の反応

ちひろが近藤に書き留めていた小説を書き終えるように説得することを望みます.

9.海外の反応

【Amezon】私はだれもこのamezingなしゃれを指摘していないことに驚きだよ.

10.海外の反応

私は,近藤が月のシーンで「月がきれいですね」を言うと半分思っていたよ.

11.海外の反応

でたらめなロシア語は予期していなかった…

12.海外の反応

ハルカの双子の姉妹はやばいほどかわいいな.

13.海外の反応

ちひろが別れた妻だと思っていたのは俺だけじゃないはず.

(ソース:https://www.reddit.com/r/anime/comments/82yz5t/spoilers_koi_wa_ameagari_no_you_ni_episode_9/)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『恋は雨上がりのように 第9話 愁雨(しゅうう)』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/03/09(金) 18:38:19 ID:0e76dc47e 返信

    あのロシア語はでたらめだったのか?

    • 名前:匿名 投稿日:2018/03/11(日) 15:11:43 ID:ba8dd90e8 返信

      発音が悪いから何を言っているのか分からないみたい
      ちなみに小泉さんでもドイツ語を声優が喋っていたんだけど
      ドイツ人は何を言っているのか分からなかったらしい
      ハリウッド映画で出てくる唐突な日本語みたいなもん

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/03/10(土) 15:20:14 ID:57fa5785c 返信

    二人が解ればいいんであって、本格的でなくてもいいやつだからw
    共有する思い出ってそういうもんだ。

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/03/10(土) 23:41:41 ID:2d8709abd 返信

    知ってる単語を口走るってやつだな

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/03/11(日) 14:14:30 ID:84afdda4a 返信

    ロシア文学が関係しているのかな?(ドフトエフスキーかな?)

  5. 名前:pp 投稿日:2018/03/21(水) 18:02:31 ID:99757b4a7 返信

    その水がどこにあろうとも、またその水が清くても或は淀みたるものでもみな同様に月を映す
    この台詞が一番心にしみた。いい回だった。

  6. 名前:essayforme 投稿日:2018/05/11(金) 05:02:02 ID:2358a9cd4 返信

    write a essay for me http://dekrtyuijg.com/

    You have made your point!

  7. 名前:security camera system reviews 投稿日:2018/05/26(土) 20:24:10 ID:b691875c5 返信

    best security system 2018