恋は雨上がりのように 10話 「白雨(はくう)」

スポンサーリンク

あらすじ

『友人としてオススメの本を教えてもらう』名目で古本市にやって来たあきらと近藤。しかし近藤は本に夢中であきらをほったらかしにしてしまう。
文学に恋をして、追いかけて、追いかけて、周りの人を傷つけてきた。
そしてまたおんなじことを繰り返している自分に嫌気がさす近藤。
そんな近藤をまっすぐ見つめるあきら。そしてその口から出た言葉はーー

1.海外の反応



2.海外の反応

>>1



3.海外の反応

>2

4.海外の反応

近藤とアキラの関係が自然に進んでいっているのが好きです.
二人が結ばれるとは思わないけどね.
でも,二人が共有する時間は素晴らしいよ.

一つ頭をよぎったんだけど,アキラにお父さんはいるの?(マンガで説明されてるのかもしれないけど)
そして,それが近藤への感情と関係しているんだろうか?

5.海外の反応

〉〉4
あなたと一緒でお父さんが出てこないのは不思議でした.
もしかすると,アキラのお母さんと結婚してアキラは娘になるかも.

6.海外の反応

>>5

そんなことが起こるわけないだろ.

7.海外の反応

>>5

Ahうさぎドロップの逆だね.

8.海外の反応

慣れなきゃいけないんだけど,中年男と高校生の関係には驚かせれます.
古本市場に行っている女子高生は面白いです.
このアニメをいつも楽しく待っています.

9.海外の反応

いつかは,この物語の場所に行ってみたいな.

二人は人生の最悪な時に出会い互いに力をあたえます.
これは,2007年のミュージカル映画の「once」に似ています.この映画も37歳と19歳の年齢差があります.雨上がりとの主な違いは男性視点で描かれているということです.
このアニメを楽しんでいる人には非常におすすめな映画です.

最後はアキラが陸上を再開して,近藤がまた小説を書き始めて終わりそう.

『ONCE ダブリンの街角で』wiki

10.海外の反応

>>9
あなたのおかげで”ロスト・イン・トランスレーション”(注:映画)を少し思い出したよ.
ロスト・イン・トランスレーションwiki

11.海外の反応

>>10
YES!私はいつも近藤とアキラの関係性がBobとCharlotte(注:映画の登場人物)みたいだといつも感じていました.

12.海外の反応

はがきは,彼らの関係性を前持って示しているように感じました.

アニメの中で時間がたたない限り彼らが結ばれるのを見ることはできないだろうな.
アキラはもっと大人になる必要があります.そして,年を取り賢くなったときは彼らの関係が発展しているかもしれません.
どちらにせよ,この物語を楽しんでいます!

13.海外の反応

>>12
月がきれいでさいごに時間がとんだのがあったね.

14.海外の反応

>>12
うーん,はがきは,ハルカについてだと思ったけどなぁ.

15.海外の反応

>>13

どちらもあっていると思うよ

(ソース:https://www.reddit.com/r/anime/comments/84o005/spoilers_koi_wa_ameagari_no_you_ni_episode_10/)


上に挙げられている映画面白そうですね.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『恋は雨上がりのように 10話 「白雨(はくう)」』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2018/03/16(金) 23:46:35 ID:e09a2ef55 返信

    こういう年の差カップルのプラトニックな関係って何かいいね
    ありふれた同年代同士のラブコメはいくらでもあるからなんか新鮮でいい
    言葉以外の映像や音楽で心情を描く部分も好きだな

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/03/17(土) 00:51:31 ID:f0bf3a8f8 返信

    このブログの翻訳には,いつも驚かされます.
    いつも更新を楽しみにしています!

    • 名前:管理人 投稿日:2018/03/17(土) 14:24:12 ID:eb102b716 返信

      そう言ってもらえるとありがたいです.

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/03/17(土) 21:32:45 ID:8a9f2bec9 返信

    一見クールなあきらが猛烈に情熱的なアプローチをしてきたり、店長もあきらの眩いばかりの若さと美貌に目を奪われることがあったり。
    カップル成立・・・ってなると陳腐になってしまうのかなやっぱり。挫折を味わったもの同士が傷を舐めあうようなラストだと“雨上がり”にならないし。

    自分、店長と同い年です。二人が上手くいって欲しいって気持ち、ありますね。